慢性腎不全有効率約70%

※食事療法と適切な治療頻度を守った場合、
クレアチニンの上昇停止、降下が一定期間認められるもの。

慢性腎炎有効率約95%(完全寛解例多数あり)

※発症より1年以内、規定頻度の治療を継続した場合。

慢性腎不全、慢性腎炎でお悩みの方へ

当院には下記の症状でお悩みの方たちが通院されています。

・最近クレアチニンやBUNの数値が上がってきた。
→約70~80%患者さんの数値が下がり、その後安定しています。

 

・血液透析を10年でも5年でも延ばしたい。

→1か月後に透析と言われた方が、現在7年目で透析回避中です。

 

・移植をした腎臓の数値が悪くなってきた。また、透析をするのは嫌だ。

→移植腎の生着率は、献体腎で平均5年です。兄弟間で12年です。移植をした腎臓のクレアチニンの改善例も多数ございます。腎臓を提供していただいた方にも、1年でも長く持たせることが大事だと思います。当院では、3回移植をされた方も通院されています。

 

・透析をして5年経つが、最近合併症の兆候があるので不安だ。

→透析の10年生存率は約38%です。人工透析や腹膜透析中でも、効果は実感できます。

 

・病院の管理栄養士の説明は、難しくて何を食べて良いのかわからない。

→当院では、減塩食のカタログを取り寄せ、これを参考にして現実的な各種アドバイスをしています。

・急性糸球体腎炎と診断されました。将来腎不全にならないかと心配です。

 (女性の場合は、妊娠に対して不安です)

→糸球体腎炎で早期治療の場合、完全緩解も可能です。

院長ごあいさつ (小松隆央)

院長 小松隆央私は、1997年に鍼灸院を開業いたしました。
その翌年、IgA腎症で予後不良(将来の透析予備軍)と診断された青年の治療をいたしました。当初、私の治療が効果を出すのかは半信半疑でした。
しかし、治療を続けていくうちに、悪化していた数値はすべて改善をして、数年後完治に至りました。

その後、お二人の腎不全の患者様を治療いたしました。
数週間後には透析のためのシャントの準備まで医師より告げられた状態でしたが、6年経過後もクレアチニン値は下がった状態を維持し、透析を回避されています。(2015年現在も)

1998年から2015年9月現在まで、約200人の腎臓病の患者様の治療を
させていただき、その効果が疑う余地のないものであると確信に至りました。
多くの腎不全の患者様との治療を通して、いかに腎不全の正しい情報が
伝わっていないのか
も痛感いたしました。
慢性腎炎が鍼灸で治る? 慢性腎不全に有効な治療法が存在する?
信じられない方もいらっしゃると思います。しかし、当サイトには多数の証拠(血液検査の結果)を掲載しております。この結果を否定できる医師は、この世に存在いたしません。現代医学はなくてはならないものですが、ほとんどすべての腎内科の先生はまず「透析ありき」なのです。
しかし「腎不全」と診断を下され、クレアチニンが7や8の末期腎不全であっても、その後上がらなければ、それはただの「腎臓の持病」にすぎないのです。腎不全の治療は、私との長い二人三脚の道程になります。
しかし、このサイトは、必ずや皆様方のお役にたてると信じております。

院長プロフィールはこちら

 

3_800_400banner1214

副院長ご挨拶 (辻角紀子)

副院長 辻角紀子当治療院には、腎臓の疾患で通われている患者様が、遠くは沖縄・神戸・京都からと多くいらっしゃいます。初めての患者様は、新しい治療への期待と不安、初めて会う院長に緊張されているのが手に取るようにわかります。治療回数を重ねるごとに、気づくことがあります。多くの患者様の顔色が良くなり、むくみも少しづつ引いてきます。 何より患者様が「治療の後は、体がとても楽になり、重だるさも緩和されるの」と云って下さいます。また、数値が下がると笑顔とともに本当に助かったと言っていただくときほどうれしい時はありません。他人には到底わかってもらえるものではありません。よく患者様と 「病気に色でもついていればいいのにね」と話しています。 そこには、どんなに辛くてもけっして他の人には理解してもらえない悲しみがあります。解ってもらえない苦しみがあります。病気にかまけて何もしないのではなく、できないのです。不安に耐えかねてできないことに、負い目があります。でも、私たちスタッフは、たくさんの患者様からいろんなことを学んでまいりました。お力になれると信じています。一緒に笑顔を取り戻しましょう。治療への不安や迷いなど何時でもお声をかけてください。口に出すことで自分の中で解決できることもたくさんあります。私達一同、患者様の症状と真摯に向き合っています。

 

 

banner1banner2

 

1_180_180A1_180_180B1_180_180C

 

2_455_150

治療実績と患者様のお声

 

カルテNo.71 施術開始時75歳 男性2013年~
1. 年齢、性別、職業、お名前(またはイニシャルか仮名)
76歳、男、岩井
2. お住まいを教えてください
相模原市
3.当院で鍼施術をしてみようと思われたきっかけはなんでしょうか
息子がインターネットで調べてくれて、「お父さん!絶対行ってごらんよ。ボクからも勧めるよ。」と云われ。
4. 施術前のクレアチニン値はいくらでしたか
6.5(2013年5月)
5. 現在はいかがでしょうか
4.62(2014年3月)
6. 施術を受けられて、数値以外に何か改善されたことはありますでしょうか
血圧も安定して110~120に。
7. 同じような病名、症状でお悩みの方に、アドバイスやメッセージ等何か一言いただけますでしょうか

s_20140325

 

私は5~6年大病院にかかり糖尿病の治療をしておりました。医師の云われるままに、忠実に食事にも(塩分控えめ)気を付けて、薬も朝・昼・夜、三食の食事 時や、食前、食後にも服用しており、決して無理な事も避けて(アルコール類も控えてと)日常送っていた筈なのに、突然医師から「血圧が140、これ以上降 下させる薬は出せない。腎臓も大分痛んできている証拠だから・・・次回から透析を受ける話を聞くように」云われ、本当にびっくり、青天の霹靂、とはこの事 でしょう。絶対透析だけはさけたかったものなのに。息子に話をしたらインターネットで調べてくれ、「絶対行きなさい、知人もその治療、施術を受けて透析が 2,3年も延びた話を聞いたよ」と早速、こまつ鍼灸院に。
 細かく説明して下さり、「通院には時間がかかりますが、何とか頑張って」と。はじめは週 二回ぐらいでしたが、事情も有りで週一回のペースの時も有りましたが、その都度病院で頂いた検査のデータを診て頂き、それに合った治療をして頂きながら、 食事についても注意を頂きそれを実行している内に、最近では大病院に行っても約3ヶ月~4ヶ月目には透析の透の字も全く云われなくなり、本当に鍼灸のお陰 さまと心より感謝しております。はやり東洋医学、手の鍼灸の力、小松先生のお力は素晴らしいと更に実感しております。これからも出来るだけ続けていきたい と心より思っております。家では2回手のひらに灸をしています。

 ※原文です。クリックで拡大いたします。      

 1                2

20140318_1_腎20140318_2_腎
 

小松院長からのコメント

アンケートは奥様にご記入いただきました。ご厚意により掲載させていただきました。

2016年現在の状態は、血圧と糖尿病の薬は必要なくなり、シャンとも必要なく、現在1週に1回のペースで通われていらっしゃいます。

 

 

カルテNo.120
腎不全の治療改善データカルテ120

腎不全改善データ

カルテNo107

腎不全治療改善データカルテ107

腎不全改善データ

カルテNo4

腎不全治療の改善データカルテ4

腎不全改善

 

 

腎不全改善データ

最新の患者様データ

お問い合わせバナー