こまつ鍼灸院での腎臓病の治療実績と改善された患者様のお声 | こまつ鍼灸院
当院の施術実績・お客様のお声

当院の施術実績・お客様のお声

1997年から2015年8月までの腎臓病(腎不全・腎炎・その他)治療実績 

※重複する疾患がございます。

当院の腎臓病治療では、腎臓病の原疾患を問いません。現時点では、全ての腎臓病に有効です。
クレアチニン値0点台の初期糸球体腎炎や軽度CKDから10以上の末期腎不全まで、
また患者年齢も、7歳から87歳までと対応可能です。

  • 軽度腎機能低下(CKD)
    完全緩解を目指します。
  • 慢性腎炎
    完全緩解を目指します。
    発症より数年経過している場合には、完全緩解は難しくなる場合がございます。
  • 慢性腎不全
    クレアチニンを中心とした数値の上昇停止(当初は降下)を目指し、年単位の透析遅延を目標にします。

 

※下記透析患者様、腎移植患者様にも有効性は確認できています。

  • 人工透析(腹膜透析も含む)
    合併症予防を目指します。ただし、透析離脱は不可能です。
  • 腎移植
    クレアチニンを中心とした数値の安定化、合併症の予防、移植腎の生着安定化を目指します。

 

 

下記疾患は上記疾患の細分類です。

    • 慢性糸球体腎炎(IgA・IgE・IgM等を問わず)
    • 糖尿病性腎症(Ⅰ型・Ⅱ型を問わず)当院治療実績最多
      ※当院の治療は糖尿病自体にも高い効果があり、糖尿病も同時に治療いたします。
      インスリンを離脱された患者様もいらっしゃいます。(Ⅱ型糖尿病に限る)
    • 間質性腎炎
    • 腎硬化症
    • 多発性のう胞腎
    • 逆流性腎症
    • 紫斑病性腎症
    • ネフローゼ症候群
    • ANCA関連腎炎
    • 全身性キャピラリーリーク症候群
    • 腎盂腎炎
    • 膠原病による全身性血管炎による腎不全
    • ナットクラッカー症候群
    • ファブリー病
    • エルドハイムチェスター病
    • 各臓器の外科手術により腎機能低下によるもの
    • 腎がんによる腎機能低下によるもの

来院時クレアチニンが5以上の患者様改善例はこちらをクリック

 

来院時クレアチニンが2以上5未満の患者様改善例はこちらをクリック

 

来院時クレアチニンが2未満の患者様改善例はこちらをクリック

 

 

カルテNO.1 寺岡大介様 治療当時19歳 男性 1998年~
下記治療体験談・メールでいただきました。

大学での定期健康診断での尿検査で要精密検査と判定がでたのがきっかけで、腎内科の権威の先生に診察に行きました。

そこで下された診察は慢性腎炎。飲みたくない薬を10掟以上も毎日飲み続けなくてはいけなくなりました。
その先生には薬は腎不全になるのを遅らせるために飲み続けるのだと、言われたことを今でも覚えています。

さて、そんなときに、以前からお世話になっていた小松先生に、すがる思いで治療をお願いしました。
最初は半信半疑だったのですが、10年経った今では経過良好で薬も止めることができている状況です。
慢性腎炎はストレスをかかえず、もちろん安静にするというのが常識ですが、元気だったころと生活を変えずにここまでこれました。
腎内科に定期的に通っていますが、その度に「よくここまで良くなりましたね」と言われます。
改めて自分の置かれていた状況と、鍼の凄さを実感しています。

慢性腎炎治療の改善データカルテ1

Iga腎症改善データ

小松院長からのコメント

体験談ありがとうございました。思いで深い患者さんです。開業2年後に、すでに患者さんであったお母さまからのご紹介でした。
予後不良軍の診断を受け、将来の透析予備軍の患者さんでした。
治療初期には、毎週2~3回の治療で、検査のたびに医師が首をかしげるほどの効果が出たという言葉を毎回聞いていました。
現在は完全に治療離脱ができています。
2001年からは週に1回程度、2004年頃からは月に1度こられればいいほうでしたね。

当時は、腎臓病を専門にやるとは思っていなかったので、検査データをいただいていなかったのが悔やまれます。 🙁 

 

 

 

カルテNo.3  軽度CKDの患者様からいただきました。

tokumeiImage0035.bmps

Image0036.bmpウェブ

 

 

 クレアチニン10.90で来院、4か月後の検査結果です
 120

カルテNo.181

クレアチニン10.01で来院ねわずか2回の治療で下がった患者さん例です
181

カルテNo.71

 

院長からのコメントアンケートは奥様にご記入いただきました。ご厚意により掲載させていただきました。腎不全の治療は患者数も約200名を超え、条件付きで有効率70%まで達しました。世界中の鍼灸界でも、腎不全に有効なのは当院だけの治療法です。

1. 年齢、性別、職業、お名前(またはイニシャルか仮名)
76歳、男、岩井
2. お住まいを教えてください
相模原市
3.当院で治療をしてみようと思われたきっかけはなんでしょうか
息子がインターネットで調べてくれて、「お父さん!絶対行ってごらんよ。ボクからも勧めるよ。」と云われ。
4. 治療前のクレアチニン値はいくらでしたか
6.5(2013年5月)
5. 現在はいかがでしょうか
4.62(2014年3月)
6. 治療を受けられて、数値以外に何か改善されたことはありますでしょうか
血圧も安定して110~120に。
7. 同じような病名、症状でお悩みの患者様に、アドバイスやメッセージ等何か一言いただけますでしょうか
s_20140325

  私は5~6年大病院にかかり糖尿病の治療をしておりました。医師の云われるままに、忠実に食事にも(塩分控えめ)気を付けて、薬も朝・昼・夜、三食の食事 時や、食前、食後にも服用しており、決して無理な事も避けて(アルコール類も控えてと)日常送っていた筈なのに、突然医師から「血圧が140、これ以上降 下させる薬は出せない。腎臓も大分痛んできている証拠だから・・・次回から透析を受ける話を聞くように」云われ、本当にびっくり、青天の霹靂、とはこの事 でしょう。絶対透析だけはさけたかったものなのに。息子に話をしたらインターネットで調べてくれ、「絶対行きなさい、知人もその治療、施術を受けて透析が 2,3年も延びた話を聞いたよ」と早速、小松治療院に。
 細かく説明して下さり、「通院には時間がかかりますが、何とか頑張って」と。はじめは週 二回ぐらいでしたが、事情も有りで週一回のペースの時も有りましたが、その都度病院で頂いた検査のデータを診て頂き、それに合った治療をして頂きながら、 食事についても注意を頂きそれを実行している内に、最近では大病院に行っても約3ヶ月~4ヶ月目には透析の透の字も全く云われなくなり、本当に鍼灸のお陰 さまと心より感謝しております。はやり東洋医学、手の鍼灸の力、小松先生のお力は素晴らしいと更に実感しております。これからも出来るだけ続けていきたい と心より思っております。家では2回手のひらに灸をしています。

20140318_1_腎 20140318_2_腎

 

 

カルテNo.4 男性  治療開始2009年から2015年 

 

 

体験談

1. 年齢、性別、職業、お名前(またはイニシャルか仮名)
31歳、男、M.K
2. お住まいを教えてください
さいたま市
3. 病名はなんでしょうか
腎不全
4. 当院で治療をしてみようと思われたきっかけはなんでしょうか
医師から、あと1週間で改善しないと透析だと言われ、もう後がない最後の手段として、治療を受けたいと思った。
5. 治療前のクレアチニン値はいくらでしたか
7.8(2009年12月)
6. 現在はいかがでしょうか
5.72(2012年10月)
7. 治療を受けられて、数値以外に何か改善されたことはありますでしょうか
毎朝、気持ち悪くなることがなくなった。
8. 同じような病名、症状でお悩みの患者様に、アドバイスやメッセージ等何か一言いただけますでしょうか
初めは効果があるか、不安でしたが、治療を受けて数値(クレアチニン等)がよくなってきました。
今は現状維持を目標に治療を受けていますが、手指針のおかげでうまくいっています。
針は少し痛いですが、受けてみる価値はあると思います。
W800Q75_4-3 W800Q75_4-4

下記データは、カルテNo.4の治療開始当初のデータです。

4-1

下記データは、カルテNo.4の6年経過後のデータです。クレアチニンは7点台で安定をしており、特筆すべきは尿素窒素が40点台で安定していることです。現在の状態であれば(腎機能悪化の停止状態)、1か月後の透析準備から一生涯透析回避も夢ではないのです。

W1440Q75_4-2

 

 

カルテNo.16  改善データ
Image0016 - コピー
 
カルテNo.75改善データ
W800Q75_163 -6-8 コピー
カルテNo.173改善データ  左画像治療前 右画像治療後 画像クリックで拡大します。
W800Q75_173-1W800Q75_173-2
 
 
 
 
 
 
 
 
contact